So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

市長選挙 終わりました。

5月20日投開票の蓮田市長選挙は、中野和信氏の4選が決まるという結果で幕を閉じました。

有権者 52131人。投票率 43,21% 

中野和信  8444
福田聖次  7149
北角嘉幸  6682

中野氏の支持票 8444に対し、中野氏不支持票は、13831  となりました。

変えたいと願った市民の意思は、新人が2人となったことで票がわれ、結果、願いと反対の結果になったということですね。

また、中野氏は8年前の選挙より、約6300票減らしています。

福田せいじさんが、FBで語っていますので。貼り付けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■やっと終わった
蓮田市長選がやっと終わりました、結果は以下の通り現職が勝ち私は次点で落選です。
・投票率=43%
1位:中野候補=8444
2位:福田候補=7149
3位:北角候補=6682


直前に立候補表明した落下傘候補の北角氏と私の区別が付きにくく反現職票が割れてしまった事、投票率が低かった事が敗因であることは衆目の一致していることのようで、様々な方々から落下傘候補が邪魔しなければ勝っていたのにと落胆され、励ましの電話が掛かってきます。


また、結果として落選しましたが、北角氏の数々の選挙違反には考えさせられるものがあります。


私自身は、最終日の24時までの駅立ちを含め、やるべきことは全てやったのと、ハンパ無い皆様の声援に、もしこれでダメならもう我が街のことを考えるのは止めて引っ越すつもりでしたが、支援者の方々の落胆ぶりは私以上なので申し訳なく、記者さんたちからは一切の組織票が無いなかでの7100票を取ったことは通常考えられない、この期待にはこたえるべきとの意見があり、今悩んでいるところです。


とはいえ、確かに7100票を投じていただいた有権者の方々の期待に応えるのは、改革を唱えて市長選に立候補した以上、責務であると思います。

と言うわけで、温泉にでも浸かってリフレッシュし、我が街のために最後のチャレンジを考えたいと思います。


今回は皆様の期待にお応えできずまことに申し訳ございませんでした。皆様方からの次なるご期待に沿えるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

市長選立候補予定者による公開討論会

5月12日 土曜日  13時50分から、蓮田市総合文化会館「はすとぴあ」で、市長選挙立候補予定者による公開討論会が開催されます!!

主催は、蓮田市青年会議所です。

皆さ~ん、是非自分の耳で候補予定者3人の政策をはじめ、声をお聞きください。

立候補予定者の福田せいじさんにお聞きしたところ、私たちが期待する「討論会」になるのか? 少し疑問が残りますが、大いなる「討論会」を期待しましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

蓮田市長選挙 福田せいじさんを応援しています!

4年前の市長選挙は、対抗馬がなく、選挙はありませんでした。だから8年ぶりの市長選挙が、5月20日に行われます。

現在、立候補予定者として3人の方が名乗りをあげています。

現職の中野和信氏。4選を目指すことになります。

新人として2名の方。福田せいじ氏ときたずみよしゆき氏。

きたずみよしゆきさんは、名古屋市の河村たかし市長の特別秘書をやっていて、国選に3回出ています。
2005年 衆議院選挙 山口1区 民主党。2012年 衆議院選挙 埼玉13区 みんなの党、2017年 さいたま13区 希望の党。いずれも落選。

今回の蓮田市長選挙には、自民党推薦です。



福田せいじさんと私は、平成15年に環境学習館リニューアルの懇話会で出会いました。私は公募の市民委員でした。福田さんは学識経験者。

その後も、親交を持っていて今日に至っています。福田さんはまちづくりコンサルタントです。彼の幅広い知識にいつも感嘆しています。趣味も豊富で、音楽から車、スピーカー・・・・・とにかく何でも壊し作り直しちゃいます。料理の腕もなかなかで、カレーや燻製は美味しいですよ。

福田せいじさんは、ご存知の方もあるかと思いますが、7年前の県議会選挙に出ました。結果落選でしたが、いつかは市長選挙に挑戦するための初めの一歩としてでした。私は福田さんの経験を是非蓮田の市政に首長として活かしてほしいと思っていたのです。

今回6年間携わっていた陸前高田市の復興事業にピリオドを打って、市長選に立候補予定です。

政策等は、福田せいじ公式ブログ  http://fukuda-seiji.jp/2018/02/02/蓮田市長選出馬表明/
の中の 福田せいじの政策 をご覧ください。

福田さんは、地縁・血縁なし、政党や業界団体の支援を全く受けていません。市民派の候補です。  準備等は、ボランティアで集まった方々で進めています。

市民派の市長誕生は、蓮田の歴史にないこと! 蓮田が変わりますよ!



nice!(0)  コメント(0) 

明日5月6日タウンミーティングやります!

明日6日13時30分~15時30分

中央公民館2階研修室にて、タウンミーティングを開催します。

どなたでも参加自由です。是非お越しください。


nice!(0)  コメント(0) 

29年度政務活動費報告まとめました。

蓮田市議会では、年間一人の議員に24万円の政務活動費が支給されています。皆様からの大切な税金を使わさせていただいています。

29年度の支出は、総額で267、314円でした。

全ての領収書と成果品を添えて議長に提出します。

       政務活動費報告2.jpg


       政務活動費報告.jpg



提出された、議員ひとりひとりの政務活動費については、議長と議会事務局がチェックします。

他市では、政務活動費使途チェックを議員代表が行うところもあります。

提出された政務活動費使途報告書は、議会事務局にあります。誰でも閲覧することができますので、是非のぞいてみてください。



nice!(0)  コメント(0) 

議会報告書配布中です!

議会報告書が完成しました。今回は13000部印刷しました。ボランティアさんと私で全てポスティングします。

     議会報告書.jpg

     議会報告書2.jpg
  

こちらからもご覧いただけます。 よろしくお願いします。

http://www.78koubo.com/databox/yutani/2018_32.pdf



nice!(0)  コメント(0) 

石川さくら 満開!!

パルシー駐車場入り口、左側に2本の桜の木があります。

    石川桜.jpg


7年前の東日本大震災の直後に結成された「蓮田福島県人会」と交流のある福島県石川町から寄贈されたものです。

「蓮田福島県人会」は原発事故の風評被害で苦しんでいた石川町の桃やリンゴを市内のイベントで販売して町に協力してきたのです。そのお礼として、石川町の桜を寄贈してくださったのです。

私も一度桜の季節に石川町を訪問しましたが、その年は桜の開花が遅くて、桜祭りの期間でしたが、桜はまだ・・・

なので、満開の石川桜を見たのは、初めてでした。

淡い淡いピンク色。

パルシーに行くことがあったら、是非見てくださいね。まだ間に合いますよ。



nice!(0)  コメント(0) 

西口再開発ビル建設計画、動く!!

9月25日に、特定建築者の登録者に決定していた「東急不動産・蓮田病院事業共同体」から、登録辞退届が提出され、事業がストップしていましたが、本日臨時の全員協議会が招集され、市から新た動きの説明がありました。

公募を再開する・・・

事業計画は、そのままで、つまり、診療所が入る計画のままで、新たな特定建築者を公募することになりました。

市の話では、なるべく早く応募要項を精査し、公募をかけるということです。来年3月までに、特定建築者を決定する。

東急不動産はどう出るか・・・・・事業協力者だけで終わることはない?と思うのですが。


nice!(1)  コメント(39) 

議会報告書が完成しました!ポスティングを開始します。

ようやく報告書が出来上がりました。

私とボランティアさんで配布を開始します。

以下のアドレスで見ることができます。

http://www.78koubo.com/databox/yutani/201710.pdf

西口再開発について、市長への手紙について、入札改革について、自治会改革について・・・・・報告と私の考えをまとめました。

お読みいただき、是非ご意見をお寄せください。


nice!(0)  コメント(4) 

知らない方がいるので、西口再開発ビル建設現状報告

西口再開発ビル建設、暗礁に!

この件を報じたのは、産経新聞と朝日新聞だけだったので、市民の中には、いまだに知らない方が多いようです。多額の税金を投入した市の最重要課題ですので、流れをまとめました。

蓮田駅西口再開発ビルの建設は、14階建てマンション(170戸)と1階に診療所、2階に公益施設(市の出張所、子育て支援センター、会議室等)の入る別棟からなる計画が、東急不動産を事業協力者として(平成25年6月~)、進められてきました。29年度に特定建築者を決定し、工事開始、32年度完成予定。

 地権者は、蓮田市と他2名。権利変換計画も整い、6月には、特定建築者を公募しました。

市からの報告 流れ

6月15日        特定建築者の公募の公表
6月15日~6月26日  応募登録の受付(1者応募)
6月29日        応募登録者の決定(東急不動産・蓮田病院事業共同体)
7月7日~8月15日   事業提案書の受付
8月15日        事業提案書の延期願が提出
9月4日         埼玉県から医療法上問題ありの見解を示す書面を受理
9月25日        応募登録者から辞退届が提出

蓮田都市計画 蓮田駅西口第一種市街地再開発事業 特定建築者募集要項
https://www.city.hasuda.saitama.jp/nishiguchi/machi/toshi/saikaihatsu/documents/boshuyoukou.pdf


蓮田市は、再開発ビル建設を進めるにあたり、埼玉県市街地整備課に相談、助言を受け進めてきていました。この時点では、蓮田病院が事業共同体になることは問題なしとの見解だったようです

一方、医療整備課から、ビル建築にあたり蓮田病院が東急不動産と事業共同化を組むことは医療法42条に抵触するとの電話が入り、東急不動産・蓮田病院事業共同体が事業からの辞退となったわけです。

医療法42条とは、医療法人が医療のほかに附帯業務として行ってもよい業務を規定しています。 この中に建設工事に参加することは含まれていません。

私は、中野市長が再開発ビルに診療所を入れる、蓮田病院を入れると報告した時から、一貫して、診療所については、「公共事業だから、公平性、透明性を担保するため、事業者の公募をすべき」と主張してきましたが、市の答弁は「公募はしない。どの医療機関が入るかは、特定建築者が決めることだ」との答弁でした。

 蓮田病院が東急不動産とともに事業共同体として、建築者に応募したと聞いたときは、予想をしていないことだったので、びっくりしました。保留床を買うだけではなかったのかという、違和感はありましたね。

蓮田市の西口ビル建築に関するホームページは、止まったままで、辞退届が出されたことには触れていません。

特定建築者の辞退という最悪な結果になったわけですが、事業はどこまで戻るのでしょうか?



nice!(0)  コメント(0)