So-net無料ブログ作成

臨時議会は、21日です。

当選証書を22日にいただいて、新しい議員任期はすでに始まっていますが、臨時の議会はまだ開かれていません。21日に開催です。

隣の町は、14日が臨時議会だったような。

突然に大きな災害が起こったり、また予期せぬ事態の発生時に、議長が決まっていない状態で、議会は開けるのか?  臨時議会開催時には、新議長が決まるまで議員の中の最年長者が議長をつとめる習わしがあるのですが、この最年長者議長で議会を継続するわけにはいかない。 一刻を争う事態に、まず議長、副議長を選出し・・・・・となるのですが、危機管理上、問題なしとは言い難い。

何故、こんなに時間がかかっているのか? 

今のところ、会派の届を7日に提出し、その後会派代表者会議が2回開催されました。

会派代表者会議で、委員会の委員の按分を決め、会派室や議場の席を割り振ります。

会派の議員数で決まっていきます。今回、6人の会派が最大で「はすだ政和会」。以前は「新樹会」と名乗っていました。

公明党と共産党は3名。残りは2人会派が4つできました。

私は、福田聖次議員と「初心の会」を結成しました。会派室が足りないので、くじを引いて「初心の会」は「新栄会」と相部屋になりました。


明日は2時から、全員協議会が開催です。ゆっくりではありますが、新しい議会が動き始まります。



nice!(0)  コメント(0)