So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

12日の一般質問、傍聴者にも資料が配布されるようになりました!

夜中ですが、まだ一般質問の準備をしています。私は取り掛かりが遅いため、いつも前日は徹夜状態です。

今回、一般質問の中で議場配布資料を作成しました。今迄は、議員と執行部には配布されますが、傍聴者にはありませんでした。議員1年生の時から私は、傍聴者にも同じ資料を自分で作成し、知り合いに配っていただくようお願いをしたり、「自由にお取りください」と傍聴席において置いたりしていましたが、これが問題とされ、注意を受けたりしていたのです。

しかし、最近傍聴者にも同じ資料を20部、議会事務局が作成をし、傍聴席に配るようになったのです!  進歩です。

当たり前のことが、ずいぶんと時間がかかります。

他市の議会を傍聴すると、予算書、決算書や委員会資料が傍聴者用に用意されています。もちろん閲覧用ですが。

蓮田市は、まだ他の資料は傍聴者にはありません。

う~ん、とにかく時間がかかる~。  これって、何?


nice!(0)  コメント(0) 

12月議会の一般質問を12日2番手で行います!

12月議会の一般質問は、12,13,14日です。20人中13人の議員が行います。

私の順番は、抽選の結果、12日の2番目になりました。10時前後から始まると思います。

今回、3項目です。

1、市の附属機関の運営について

市が政策や計画を決めるにあたって、有識者や市民から意見を聴取します。そのための審議会や委員会の運営状況について質問します。

また、うちのまちでは、審議会の委員に議員が有識者枠に入ることが多くあります。二元代表制であるのに、議員が行政の計画策定の中に入っているのはよろしくない・・・・。最近は、議員は附属機関の委員に入らないと条例で明記するまちも多くでてきました。市の考え方を聞きます。

2、堂山公園の利活用について

堂山公園は駅からも近く、周辺には図書館、保育園、小学校、ふれあいの森・・と公共施設が多くあります。しかし、トイレは和式のみで古い、遊具も老朽化していて、利用者が少ないというか、利用できない状況です。今後有効に使い、にぎやかな場所になるよう、提案します。

3、児童生徒の携行品に係る配慮について

小中学校生の登校時の荷物の重さが問題になっていました。外国では、宿題がないので教科書は学校に置いたまま・・・という国もあるようですが、日本は原則持ち帰りです。しかし9月に文部科学省から荷物を少なくする旨の連絡がありました。そのことにどう対応したか聞きます。

時間がありましたら傍聴をお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 

議会報告書を作成しました!

少し時間がかかりましたが、ようやく議会報告書が出来上がりました!ポスティングを開始します。

こちらからもご覧いただけます。

http://www.78koubo.com/databox/yutani/2018_33.pdf


議会報告会は12月16日です。ポスティングに時間がかかるので、よろしくお願いします。



nice!(1)  コメント(0) 

酒田市で発達支援室の運営状況を視察

酒田市では平成19年度までは、乳幼児健診後の要フォロー児、また園からの相談に対し、児童課の家庭児童相談員、健康課の保健師が市立保育園への訪問を実施していましたが、

平成20年度の機構改革により、障がいに対する行政サービスを福祉課で統一した。福祉課発達障がい児支援事業として保育園、幼稚園、認可外保育所への訪問を実施。精神保健福祉士<、臨床心理士、家庭相談員、保健師による。/span> その後、平成23年度に、福祉課に発達支援室を開設。臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士。 早期の気づきと支援が重要。1歳6か月児検診後から関わり始める。発達特性の気づきへの促し。経過を細かく見守るため、療育や受診の同行、電話や面接によるフォローなど支援を途切れさせない。 一生涯ににわたる支援を目指している。 主な活動は、 1、保育園、幼稚園など全幼児に対し園訪問。 2、相談会やあそびの教室の開催。相談事業。 3、 発達特性の理解と支援を拡充するための、研究会の開催。特別支援コーディネーター養成講座開催や、コーディネーター連絡会議。  4、通所施設である、児童発達支援センター入所への移行支援。 5、ペアレントトレーニングの開催。家庭での関わり方を体験学習する。1クール5回。 6、保護者や当事者への支援として、啓発講演会や研修の開催。 7、連携による切れ目のない発達支援として、ネットワーク会議や関係担当者会議。 8、 小学校へ引継ぎ支援。 9、外部機関との連携。こども医療療育センター、保健所、特別支援学校、小中学校、就労機関、福祉サービス事業所などと、情報交換やつなぎ支援を行う。  とにかく、いつでも、だれでも、発達特性を早期に気づかせてもらえる。その後助言、相談等専門的なアドバイスを受けられる。 ひとりひとりに寄り添った支援が継続しておこなわれていました!! ここにくるまで、先進市を視察問したこと。生涯にわたりライフステージに応じた支援体制を構築するためには、専門部署を設けることが必要と考え、福祉課に発達支援室を開設したということ。 大いにお手本となる支援が行われていると感じました。 一歩一歩わが町でも前進させていきたいものです。 頑張ります!!
nice!(0)  コメント(0) 

新庄市で教育相談室の運営について視察

視察2日目は新庄市で、教育相談室の運営をしさつです。

新庄市は昭和35年には、人口が43,550人でしが、現在は36000人です。夜の街に食事に出ましたが、かつての繁華街らしき街区はネオンが消えていて、街灯も心なしか薄暗く感じました。

蓮田市でも教育相談業務は実施しています。相談と適応指導教室は連携していますが、一応は別の方がやっている。新庄市では相談担当を適応指導教室の先生3名が行っていることでした。

学校に登校できないお子さんが通級する適応指導教室は、蓮田市同様市内に1校。主に中学生10名ほどが通っているそうです。常勤の先生3名は、全員元学校の先生。教科の勉強と体験活動をメインに活動し、市のマイクロバスで畑に移動したり、職場体験に出かけたりしているそうです。

特に「土と太陽は子どもを育てる!!」と自信をもった力強いお話でした。

新庄市の特徴として、高校在籍中、または中退後のや相談や自立支援、学び直しのための学習支援を行っているのは、素晴らしいですね。数としては多くないようですが、適応指導教室の卒業生が訪れるようです。

また、中学卒業後の若者の引きこもり等の相談・支援は、若者社会参加支援相談員が教育委員会社会教育課の中に1名おられるとのこと。

蓮田市の現状は、中学卒業後の若者等の引きこもりに対する相談支援の体制は、いまだにちゃんとしたものはできていないですね。埼玉県が行っている相談・支援機関はあります。

私としては、目下、引きこもり傾向にある方、保護者が集まれる場づくりを保護者の方と一緒に模索し始めています。


nice!(0)  コメント(0) 

山形県村山市で子育て支援の視察

山形県村山市の人口は、昭和22年には42,777人でしたが、現在は24,561人まで減少してしまいました。


そこでまちの喫緊の課題が、人口減少をくいとめること!!

現市長は未来に投資をする。子育て世代に残ってもらう。移住を増やす。様々な政策を打っています。

1、県内初の新生児聴覚検査費用3500円の助成。 2、赤ちゃん応援ギフト、3000円。 3、1人目からの保育料半額!  4、第3子以降の子どもに対し、児童手当を年額9万円プラス。 5、小中学生の学習の無料サポート。  6、県内初の中学2年生で、ピロリ菌抗体検査と除去治療費の無料。 7、中学3年生までの医療費無料。 8、高校、大学進学に給付型奨学金。  9、転入者に家賃年間10万円補助。 10、新築住宅の設計費 150万円助成。 11、新築、中古、土地購入に最大150万円補助。

中には、支給の条件もありますが、やれることは全部やる・・・・という意気込みが感じられました。

しかし、いまだに目に見える人口増加は残念ながら見られないそうです。

近隣他市も同じような政策を出してくるので、村山市の独自性が目立たない・・・・という悩みを抱えていました。

日本全国どこのまちも、人口減の課題を抱え、若い子育て世代を取り込もうとしています。子育て世代という限られたパイを、奪い合っているのです。

子育て世代が、魅力と感じる政策を打ち立てる・・・これだ!という特効薬はないのでしょうか。様々な要因が重なり合ってかな。

まず、働く場。住んでいて楽しいおしゃれなまち? 公共施設の充実?  公共サービスの充実?

各自治体が知恵を絞りあう・・・・

視察の後市内を案内していただいたのですが、病児保育をやっていたり、学童は公設民営とか。それでも、中心市街地の学校は生徒がいますが、周辺地域は過疎化していて、学校の統廃合がすすみ、スクールバスを出しているとか。

人口減少という大きな波に対し、必死な取り組みを感じました!他人ごとでは、ありません!!








nice!(0)  コメント(2) 

明日9月18日一般質問を行います

明日から9月議会の一般質問が始まります。

私は3番手なので、明日の11時過ぎぐらいからでしょうか。3番手は、だいたいいつも質問が終わったところで、お昼休憩に入ることが多く、午後1時から答弁が始まるという時間配分です。

私の質問は

1、健康で長寿のまちづくり

2、入札について

3、自治員と選挙活動について

お時間のある方は是非傍聴においでください。またインターネット中継もあります! 是非のぞいてみてください。





nice!(0)  コメント(0) 

黒浜沼のヘイケボタル細々と出ています。

先日午後8時頃、5歳の孫とホタルの里に出かけました。

環境学習館通りとホタルの里の水辺で10匹ほどのホタルを観測しました。黒浜沼周辺の自然を大切にする会のメンバーが当番で観察をしていますが、ハス池で多く観察されているということでした。

ヘイケボタルは、ゲンジボタルに比べて、大きさも光も小さいですが、黒浜沼のホタルは養殖をしていない、自然のままに育っている貴重なホタルです!

自然のままですので、当然天候に大きく左右されます。また、黒浜沼が全体的に乾燥化しているため、ホタルにとっては生息が厳しいと思われます。なので毎年、今年のホタルはどうだろうか? とドキドキものなのです。

黒浜沼周辺の自然を大切にする会では、ホタルの生息に必要な水辺の確保に力を入れています。/span> 例年、8月中旬まで見られます。
nice!(1)  コメント(0) 

根金のひまわり、満開です!!

蓮田ひまわりプロジェクトが根金にひまわりを植えて、今年で4年になりました。

一般に公開をするようになって3年です。昨年は5万本でしたが、今年は作付け面積を増やして、10万本です。

明日4日から12日まで、スタッフが現地にてご案内をしています。また、土日には太鼓の演奏などのイベントを開催します。

電気も水道をない畑での開催ですが、キッチンカーが昨年より来てくれています。また近所の空き家を利用したカフェもオープンしています。

今日は、ウエディングドレスとタキシードの新郎新婦がひまわり畑で撮影wositeitari(坂戸からのお客さんでした)、コスプレの撮影に来たり、先日はドローンの撮影もあり、様々にひまわり畑を楽しんでいただいているのが、とても嬉しいですね。

今年は、新聞の取材も多くいただいています。

今日は、まだ会場設営等の準備をしていましたが、他市の職員さんらしい集団、またご挨拶してくださった他市の県会議員さん。

多くの方に関心を持っていただけて、やりがいを感じています。

昨年の来場者は95%が市外の方でした。蓮田の良いPRになっているかと。

100%手作りのボランティアによる運営を行っているので、継続は厳しいものがありますが、何と言ってもひまわりって、げんきをくれる花ですよね。暑い中来てくださった皆さんが笑顔で帰られるのが、とても嬉しいです!そして「来年も来ます!」との声をいただいて、益々頑張ろうと思うのです。

台風で一部倒れてしまいましたが、元気に咲いたひまわりに是非会いに来てください!


nice!(0)  コメント(0) 

6月2,3日 環境学習館で「トラストのつどい」開催

直近のお知らせになってしまい・・・・

6月2,3日 黒浜の環境学習館で、「トラストのつどい」が開催されま~す。

2日は、10~12時  講演会、午後は自然観察会。カレーライスの販売あります。

3日は、クイズラリー、ザリガニ釣り、ものづくり、カレーライス販売・・・・

私もこれから、いざ学習館へ。  お待ちしていま~す。


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -