So-net無料ブログ作成

蓮田市社協理事会、利用者・報道機関の傍聴認めず秘密会議

昨日14時~蓮田社協にて、理事会が開催されました。今日の理事会は市議会で「ヘルパー事業の継続を求める請願が総員賛成で採択されたこと」を受けての理事会であることから、13時30分前後から私を含め、多くの利用者、支援者、報道関係者が理事会の傍聴を求めて集まりました。

しかしながら、花俣事務局長が対応した社協側は、一切の傍聴は認めない!と。

傍聴させない理由は「傍聴者がいると、理事の皆様が平静な対応ができないから」???

こんな理由は認められません! というかありえない。利用者等が交渉して、「傍聴の可否を理事会に諮ってもらう」ことになりました。

理事会で傍聴の可否を諮った結果は、「総員で傍聴は認めないことになった」と報告。  利用者さんが質問しました。「皆様が賛成したということですが、どのような議論があったのですか」担当職員「様々な意見もありましたが、総員賛成になりました」 質問「採決は挙手ですか?」「いいえ」「どうして総員賛成とわかるのですか?」「・・・・・・」  


とにかく納得できる説明もないまま傍聴できないことが告げられました。


新聞記者さんも入れないというわけで、報道関係者は理事会終了後速やかにインタビューできるよう、話がつきました。

それにしても、密室、秘密会議の社協理事会!外には4~50人ほどのヘルパー事業の継続を求める皆様が、暑さの中、「私たちの声が部屋の中にいる理事さんにとどくように」と見守っておられました。

私は用があり4時頃現場を退席しましたが、聞くところによると皆様は6時までいたとか。 理事会が終わったのは6時?

そして今朝の新聞には、各社とも、利用者が理事会の傍聴を求めて多く集まったが傍聴が認められなかったことと、社協がヘルパー派遣事業の中止を1年延期したことが書かれていました。

       1年延期でも、中止することは変更なし!


利用者が求めているのは、中止の延期ではなく、事業の継続です。利用者もヘルパーも、多くの市民も継続を求めているし、ヘルパー派遣事業は黒字です。


障がいや病気を抱え、今回の請願活動を行い、また昨日も車イスで社協の外で4時間近くヘルパー事業の継続を訴えたりと、利用者さんとご家族のご苦労は言葉では表せません。

来週にも社協が利用者さんや家族に説明するための会を開くと言うのですが、あくまでも社協の考えを説明すると言うもの。利用者の声を聞くと言うものではありません。常に一方的。 

民主的ではない!福祉の心ではない!  社会福祉・・・・・・・ではない!




nice!(1)  コメント(0) 

黒浜沼ホタル情報

NPO法人黒浜沼周辺の自然を大切にする会から、今年のホタル出現の情報をお届けします。

今年は16日から観察を開始しました。(観察しているのは、会のメンバーです)

16日が11匹、17日(昨夜)が19匹です。黒浜沼で見られるホタルは、ヒメホタルという、小さいホタルです。比較的きれいでない水辺で生息します。

昨年は、ホタルがほとんどみられなかったので、今年は成績がいいですね。この分だと今までの最高値の一晩で200匹なんてのも、夢ではないかも。

毎晩、黒浜沼の会員がホタルの里にいますので、出現の場所など聞いてください。ホタル観察に適した時間は、8時~9時ごろ。7時半ごろ現地に行かれるのがいいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る