So-net無料ブログ作成
検索選択

委員会、審議会の問題点2つ。行政の附属機関の委員に議員が入っている!

行政(市)は、政策や事業を推進するにあたって当事者である市民の声を聞いてすすめます。そのために担当毎に委員会や審議会を持っています。

各委員会や審議会には、設置条例や会議規則が定められ定員や構成メンバーの内容、公募ありなし、任期などが決まっています。このようなものを、附属機関と呼びます。

だいたいの附属機関の委員には日当が支払われます。委員長や会長は日額6,500円。委員は日額6,200円です。

問題点① 議員が附属機関の委員になっている

私たち議員は、二元代表制で、執行部に対しチェックする役割があります。ですから、執行部側の附属機関の委員になることはありえない!のですが、委員の構成メンバーの中の学識経験者枠に、蓮田市では議員があてがわれています。

本来学識経験者として、その分野の知見のある大学の先生などの専門家をあてるもの(他市ではほとんどそうしている)ですが、蓮田市では市長からの依頼を受け、議員がその席に座っています。議員は1期4年なので2年ごとに誰がどの委員会に入るか希望を聞いて議長が決めています。

昨年議員研修の講師でお招きした、議会事務局研究会(元三重県議会事務局次長)高沖秀宣先生に、講演の後の質問の時間に、この蓮田市の附属機関に議員が入っている件を質問しましたが、

先生の回答は「ダメですよ。二元代表制ですよ。議員さんたちが執行部の政策立案過程に入っていたら、執行部は楽ですね。議会サイドから反対されない・・・・ということ? 二元代表制を理解し、議会は市長から出てきた政策などをしっかりチェックするのが本来の仕事ですよ。すぐやめてください。議員さんたち頑張ってください。」

とまさに、バッサリ切ってくださいました。議員全員が聞いていたはずなのですが、理解できていないようで・・・・、今年も例年通り委員を受けています。研修で良い話を聞いても、何も活かさない・・・。

多分、「蓮田には蓮田のやり方がある」といういつもの言い分です。

昨年の議員研修の講師が高沖先生と知った時、私は嬉しかったですが、心配もありました。議会改革の先駆者である講師に対し、議会改革の必要性を理解することや意欲に欠けている蓮田市議会で通じるかどうか心配だったのですが、結果をみると、もったいない、残念のひとことです。

問題点② 委員の任期が15年、11年など長い人がいる

蓮田市附属機関等の管理に関する要綱があり、第5条で、委員の選出にあったては、
(1)各界各層から広く人材を起用すること。
(2)女性委員の割合を30%以上になるよう努めること。
(3)市民の積極的参画を求めるため、原則として委員の一部を公募により選任するよう努めること。
(4)委員の任期は原則2年以内とし、在任期間は通算で10年以内を限度とすること。
(5)2以上の附属機関の委員になっているものは、委員に選任しないこと。
などが決められています。

私は今年、公民館運営審議会の委員になりました。先日27年度第1回会議があり参加しました。

委員は全部で私を含めて7人。学識経験者のKさんは在職15年、民生・児童委員会長のOさんは11年、家庭教育支援指導者のIさんは11年、スポーツ推進委員のNさんは11年、公民館利用者団体協議会会長のSさんは7年、校長会のOさんは3カ月、湯谷の辞令は7月1日から。

皆さんが、ベテランさんばかりなのに驚きました。

さらに驚いたのは、公民館運営審議会が14~16時で終了した後、同じ場所で16~18時社会教育委員会が始まったのですが、委員のメンバーは、議員メンバーが湯谷から斎藤昌司議員に代わっただけで、あとはまるっきり同じメンバーだったことです!(私は会議を傍聴しました)

つまり、公民館運営審議会委員と社会教育委員会委員が同じ・・・・・・・・

こっれって他市でもそうなのかなぁ?  同じであることの必要性あるのかなぁ? おまけに皆さん7~15年の同じ顔ぶれ。

蓮田市附属機関等の管理に関する要綱がまるっきり守られていませんね。まあ他にも条例を作っても守らないケースなどもあるから、これも蓮田流・・・かも。それとも特別なケースが存在するのでしょうか?

追々指摘して確認していきましょう。




nice!(0)  コメント(2) 

今朝の収穫 サボテンの花と庭野菜

今朝も目覚ましどおり4時に目覚め、ポステイングに出発です。何せ夫の朝ごはんの準備で6時には戻らなくてはならない。あまりはかどりませんが。

でも予定通り今朝は西洋関山住宅を完了です。車を止めるのに、中央公民館関山分館の駐車場をお借りしました。そこでみつけました!窓の外、サボテンに白くて丸い可愛い花がびっしり。思わずパチリ、是非お近くの方はご覧ください。


             2015,サボテンの花.jpg

スティングから戻ったら庭の水やり。そして我が家の狭い庭で収穫しました。ブルーベリーは、甘さがいまいち。そうです。昨秋に肥料をあげていませんでした・・・・・・。かぼちゃは、息子が庭に2本苗を植えたものが庭一面に広がっています。小さい種類のようですが、、初めて収穫してみました。夜に調理して食べてみましょう。味はどうかなぁ? ミョウガは初収穫です。私は大のミョウガ好き。どうやら食べ過ぎてバカになったようですが。夏前から水をたくさんかけて収穫を待ち望んでいたのです・・・・・・


               2015,.jpg

また、8時頃椿山にお住まいの方から電話が入りました。「今朝、報告書が入っていて読みました!」と。


そうなのです、今回から、ボランティアさんと私で椿山地区を全戸ポステイングすることにしました! 私の担当地域はまだですが、ボランティアさんが入れてくださっています。ボランティアのTさんからは、「今日は〇〇終わったよ」といつも嬉しいメールが届きます。

暑い毎日ですが、「読んだよ~」とか、「今回はまだなの?」といった電話をいただくと頑張れますよ~。頑張りま~す。


nice!(0)  コメント(0) 

蓮田で見れる蝶、何と40種以上!

連日の猛暑、たまりませんね! 水分の摂取と避暑に出かけてくださいね。避暑といっても、すぐ近くのスーパーや、図書館、公民館などの公共施設です。まちによっては、公共施設を「涼み所」として提供しています。どんどんご利用ください。

連日4時に起きて報告書のポステイングをしています。私だけでなく、多くのボランティアさんにも助けていただいているので、日中はその配達に伺っています。

昨日は西城のボランティアさんのお宅に伺いました。「暑いから上がってらして」と誘っていただき、お茶をごちそうになりました。リビングからお庭を拝見したのですが、いろんな種類の植物が植えられていました。

なんとその方は、蝶を増やすために蝶がたまごを産む、蝶の餌になる植物を植えているというのです!!

Oさんといいますが、Oさんの近くにOさんが蝶蝶夫人とよんでいるという蝶博士が住んでいて写真撮影をされているそうです。そして、毎年1年間に撮影した蝶の写真を下敷きにしておられるそう。2014年分の下敷きをいただきました!

見にくいかもしれませんが、

           蓮田の蝶 下敷き.  全体.jpg


           蓮田の蝶 下敷き.jpg

なんと44種類! ジャコウアゲハ、ナガサキアゲハ、ルリタテハ・・・・・・・などなど貴重な蝶が。

ジャコウアゲハはウマノスズクサに卵を産みつけるので、ウマノスズクサをさし木して増やしているんだそうです。丁度、ジャコウアゲハの幼虫がついていましたよ!

ホトトギスやカサブランカには、ルリタテハがくるそうです。  

すごい!   

私も、ウマノスズクサ探したい、そして我が家の庭にも植えたい! 

ウマノスズクサの花図鑑はこちら ↓   

https://minhana.net/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AF%E3%82%B5

Oさんは、「いろんな蝶が好きな植物を植えて、『蝶が乱舞するまち、蓮田』・・・・・でまちおこししてもいいんじゃない」と提案してくださいました。

植物をみんなが植えて、増やして、蝶を呼ぶ・・・・・私は賛成!

『蝶のまち、蓮田』ありですよ。  仲間募集します!

是非、蝶博士にもお会いしたい・・・・・


nice!(0)  コメント(2) 

報告書を作成しました!

今まで、自分で印刷していましたが、ネット印刷を利用して、作成しました。折りも含めて最速4営業日で届きます!昨日入稿で15日に自宅に届きます。

下記のアドレスで見ることができます。
http://www.maya-labo.com/hasuda/yutani/20150710.pdf

今回も、作成をお手伝いしていただいたので、とても見やすいものができました。

特集として、他市の議会と蓮田市議会の違いを特集しました。ここが変だよ!蓮田市議会!? 是非読んでくださいね。


報告会&意見交換会について、図書館も公民館も満杯で借りることができなかったので、閏戸古民家で行います。8月8日 土曜日です。

これから配布をします。ご意見がありましたら、お待ちしています。


nice!(0)  コメント(2) 

蓮田市議会、国への意見書は定例会前の会派代表者会議で全会一致のみ?

蓮田市同様、各市も6月議会が終了してきています。

市議会として国に 意見書を出す という制度があります。

国(おかみ)から、下(地方)に降りてくるだけではなく、地方から国のやり方に対し意見が言えるしくみです。

他市においては、意見書案の提出は、議員提出議案として、自由に本会議にあげることができているようです。蓮田市議会の議員提出議案の場合はは、賛成者1名が必要ですが。

ですから他市では、毎議会2本3本・・・6本と意見書があがり、議場で採択をして多数決で可決した意見書は国に上げています。多数決の結果、否決になった意見書も当然ありますが。

6月議会で多く見られたのは、さいたま市「安全保障関連法案の審議に当たり慎重な取扱いを求める意見書」全会一致で可決。宮代町「集団的自衛権の行使を柱とする安全保障関連法案に反対の意見書」賛成多数で可決、滑川町議会では、「安保法制に反対の意見書を出してほしいとする請願」が全会一致で採択されています。越谷市議会では、同様の意見書案は、多数決で否決になったようです。

他市議員と情報交換をしていると、なんと 意見書を議会の開会前の会派代表者会議で全会一致しないと出せない・・・・・・なんて議会は、近隣では他にありません!!

(町議会さんに失礼ですが)、町議会でも、ちゃんと意見書を多数決で、出しています。

うちの議会議員は、他市のことあまり知らないのでしょうか? 議会改革も議長の口からは、何の発言も聞かれません。

私が以前の議長に他市のやり方を説明したら、「蓮田には蓮田のやり方がある」と・・・・・・一喝されました。

蓮田のやり方が、時代遅れで、他市とも遅れていること、気づいてもらえるのはいつになるか。もどかしいですが、一人会派の湯谷は、遠くから吠えることしかできない!?

遠くから吠えますが、吠えることは止めないで、続けていきます。いつか伝わってほしいから・・・・

参考

蓮田市議会申し合わせ事項 10 
意見書等は、各定例会前に行われる会派代表者会議に、原則として文案を提出し、全会一致を旨とする。

おまけの情報
蓮田市議会会議規則 第147条
議員は、会議中は、みだりにその席を離れてはならない。

この条文は、保守系会派には適用がないようで、携帯電話が着信すると皆「もしもし・・・・・」と部屋を出ていく??

これが、実態。




nice!(0)  コメント(0) 

6月議会議案の賛成討論1本、反対討論1本

30日で6月議会が閉会しました。最終日に市長からいきなり「議案第49号 財産の取得について」が提出され、おまけに委員会付託を省略してほしい・・・ と。私をはじめ、はぁ ?? と感じた議員がすくなからずいたようですが、無事全ての採択が行われ、終了しました。

私は「議案第43号 教育委員会委員の任命について」は賛成討論を行いました。

<以下その内容、   実際より短く要点だけですが>

蓮田市および蓮田市教育委員会は、「埼玉一の教育水準の向上をめざすまち。教育するなら蓮田市へ」をスローガンに掲げている。特に教育委員員会委員は、先頭に立って蓮田市の教育を引き上げて行く責務を担っている。杉崎委員は既に5期17年委員をお勤めいただいているが、再々再度委員をお引き受けいただいたことは敬意をもって賛成する。しかし、一般論からすると5期17年は長すぎるのではないか。たとえば蓮田市の他の委員会や審議会では、附属期間の管理に関する要綱の中の、
第5条 委員の選任 の中で
(1)各界各層から広く人材を起用すること。
(4)委員の任期は、原則2期以内とし、在任期間は通算で10年以内を限度とすること。
と定めている。教育委員会は附属機関ではないので、任期の制限はないようだが、世間の一般論から考えても疑問が残る。今後検討してほしい。

これは全員賛成で可決しました。


議案第49号 財産の取得について」は反対討論をしました。

<以下その内容、   実際より短く要点だけですが>

この財産とは、 (仮称)蓮田市総合文化会館舞台備品である。舞台機構備品、舞台音響設備備品、舞台照明設備備品の合計として7549万2000円の仮契約を三精テクノロジーズ株式会社東京支所と締結したことに伴い予算の議決を求める議案であるが、現在地での文化会館建設に一貫して反対してきた私は当然この予算にも反対である。

   舞台設備、音響設備、照明設備が7549万2000円!?

というわけです。反対は湯谷ひとりでした!

確か、それぞれの設備は年間のメンテナンス費用も必要ですよね。また、いざ使うとなった時も、正常に動くかどうかチェックもしなくてはなりません。

誰が、それらを行うのか? 当然、できるスタッフがいるということ・・・・・。施設を維持していくということは、限りなく経費がかかります。毎日使うのであれば、それ対応のスタッフの常駐もわかりますが、ときどきしか使わない場合、スタッフの確保をどうするのでしょうか・・・・

来年3月完成です。


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る