So-net無料ブログ作成
検索選択

蓮田市が映画のまちに

蓮田市が映画を製作したり、上映会を行ったりしています。話のはじまりは、まちの定住促進の一環として映画を製作することなどが地方創生加速化交付金に採用されたことから、スタートしています。

私は、この予算にただひとり反対しました。映画を作って、上映会をして「蓮田に住みたい!」と何人が思うか? 何人が蓮田に引っ越してくるか?

蓮田を選んでもらって、蓮田に住んでいただく・・・・・・これは、本当に簡単なことではない! 

全国の自冶体が住んでほしいと思っている、子育て世代は、人口のパイが限られています。全国がライバルです。その中で蓮田を選んでいただくには・・・・・・・・。私にはまだその方法が見つかってはいませんが、映画であるとは思えませんでした。

映画でまちおこし・・・・・・・これも多くの自冶体が取り組んでいます。2番3番・・・・・・・・20番煎じ??

でも既に動き出しています。フューチャープロジェクトと名付けられ、市民参加で数年がかりでやるそうです。

このフューチャープロジェクトが最近相次いで新聞で取り上げられています。

①制作費7000万円で長編映画製作。映画の街アピール(1月22日朝日新聞)

担当課に行って話を聞いてきました。新聞の記事とは少し違うところがありました。まず、長編映画をつくりたい。制作費については、7000万円ほどかかるが、映画づくりを支える市民クラブのようなものをつくって会費を集めて、制作費に充てる。法人化を目指したいそうです。

蓮田市には映画館がありません。私も、映画を見るのは、さいたま市や幸手。地元には、シネマクラブがあり、年1~2回映画の上映会をしてくれていますが、会場がコミセンだったりして遠かったですね。最近は中央公民館でもやっているので、少し見やすくなったかな。でも観客はどうでしょう。会場いっぱいになったのでしょうか?

蓮田をえいがのまちにするのは・・・・・・簡単ではないですね。深谷や上尾などでは、映画を作る前に、まず身近に映画をみる取り組みをやっていますね。



②映画監督の受賞履歴を主催者側が削除(2月1日 東京新聞)

1月27~29日かけて行われた「はすだフューチャーフェスタ」のイベントにおいて、蓮田市出身の映画監督 野本梢の受賞歴が一部削除されていたというもの。

野本梢さんは、市民がエキストラで参加した「朝をこえて星をこえて」の短編映画の監督を務めました。フェスタで上映されたようです。会場に掲示された監督の経歴には、監督が15年に製作した「私は鍋の底から」という映画が、15年の「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」や16年の「あいち国際女性映画祭」でグランプリにあたる賞を獲得してしているのですが、15年の「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」の受賞経歴が書かれていなかったそうです。

どうも主催者側が「レズビアンやゲイ」と言った言葉が、子どもに良くないと削除してしまったようです。

LGBTやマイノリティの問題は、社会的にあらゆる多様性を認めようという方向にあります。また子どもたちにこそ、正確な知識を得る機会をあたえるべきです。


新聞記事によると、市の担当は削除することを知らされていなかったようですが、委託業者に任せていたのでしょうか。


私はこのフューチャープロジェクトの詳細を知りませんが、市と市民と委託業者で構成されているようです。 もう動き出した事業です。成功に向け、見守っていきましょう。




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

高橋 努

地方自治の腐敗とこれを糺す方について


公共団体議員 各位
外 関係各位


   地方自治の腐敗とこれを糺す方について
 標記について,下記のとおり参考送付します。
 これは,全国共通の看過できぬ問題であります。
 今後にご活用されると,幸甚であります。




Subject: こちらこそ,いつも楽しみにしております。
Date: Fri, 10 Feb 2017 23:16:44 +0900

金子 正志 様


 こちらこそ,いつも楽しみにしております。
 貴台が教示くださる情報,貴台の活躍ぶりだけが,今のところ,わたくしの生活における唯一の楽しみであります。
 わたくしは,今まで地方から国へ諫言することに関心を持ち,また,議員の方にもきっとご自身の利益を犠牲にしてでも住民の未来を優先される方がいらっしゃると信じて,地方議会へ色々と提言等をいたしました。
 しかし,残念ながら,予てより申し上げたとおり,仮令如何なる賛同案件であっても,地元の有力者でない限り,総てに否を突き付け,地元の案件を蹴った上で,余所の地方自治体の問題でありながらも沖縄の基地問題に意見書を宛がう議員発議は全会一致で可決する方がほとんどでした。
 試しに顔色伺いのリトマス試験紙案件として「元号廃止を求める件」,「正規職員採用試験における障がい者への合理的配慮を求める件」を上程させても,常日頃「元号打倒」,「障がい者の正規雇用化」を謳う共産党系議員でさえ,全会一致で不採択にします。
 結局のところ,例規及び法令様式の改定等の面倒な事務作業は避けたいし,目障りな障がい者雇用率など産休育休代替要員を以て稼げば良い,障がい者など健常者の長期休業の為の好都合な消耗品でしかない,と言った具合なのです。
 そして,選挙シーズンのみ駅舎のデッキ上にて口先三寸の「福祉の九官鳥」を為し,普段は時の政権に対する揚げ足取りのビラ配りに終始するのです。
 挙句,散々自身で「既得権益を壊す,身を切る改革。」などと謳いつつも,右派・左派不問で皆共通して,「議員のなり手がいないから。」などと持論を展開し,民意に逆行してでも「若手のなり手育成,地方創生の為に。」と謳い,「議員年金復活の意見書の全会一致の可決」を各地で連発しました。
 議員は,何て心の汚い生命体なのだろう,と猛烈な怒りと嫌悪感,そして激しい拒否反応を覚えるようになりました。完全に,議員と言う職種,いや,人種へ失望し,軽蔑の対象にしてしまいました。
 これについては,貴台のご指摘事項が,わが見解と一致しております。

>行政関係者は何を考えて「まちづくり」をしているのでしょうか。

 答えは,簡単です。数多の議員,首長及び行政職は,結局のところ,己が既得権益の死守に関心があり,「自分自身が,老後安泰なら,外には何も求めない。若者の未来など,どうでも良い。仮令,借金してでも,あの施設の土木建築工事一式の入札案件を**が落として,料率も含めて議員年金又は共済年金が復活してくれれば,あとは何も求めない。それまでは,当面,票田堅持のために,福祉と沖縄基地問題と原発問題に言及して,政権批判でもしてポイントを稼ぐとしようか♪合併??ダメダメ。選挙の競争率が上がるし,しかも有権者層に対する余所者の比重が上がって再選困難になる。」と言うのが,本音でしょう。
 わたくしは,決して合併問題にのみ拘泥し,合併推進派であることを理由に誰でも無条件に支持し,又は尊敬の対象にしている訳ではありません。
 自身がフェミニストであることを百も承知で,野合連合が統一候補ブランドを以て押し付けた女性暴行歴有りのジャーナリストを無条件に支持し,「この人以外に選択肢は無い!!」などと気が狂ったように愚劣千万に騒ぎ立て,仏の心を持つ人権派の宇都宮先生さえも激怒させ敵に廻し,挙句,文春砲へ神風特攻して連中共々都知事選で散った,生ネのの阿呆共ほど,わたくしとて愚劣ではありません。
 確かに,若手の議員にも,<当初は>純粋な正義感を燃やし,真剣に自身が大損をして不幸になってでも住民を幸せにしたいと願う,自己犠牲型の全体の奉仕者であり相当に謙虚な方は,一定数おりました。
 ところが,全員,所詮は企業の社員又は役所の行政職の経験浅き小童。少しばかりロビー活動が躓いただけで,直ぐに人間がすれて,散々先方から煩く連絡を入れてきたくせに,途端に連絡に返答をしなかったり,その他全般的に態度が劣悪になり,挙句,極々一部の取り巻きのみを丁重に扱い,大物政治家を「先生」と呼称し,秘書,一般の活動家,さらには選挙時の自身の支持者その他の有権者層に対しては「さん」呼ばわりをした上で,「我儘で気まぐれな愚民ども」などと罵詈雑言を浴びせる始末。礼儀作法,義理,忍耐力に欠乏し,人文学科出身者でありながら言葉を書物で調べず,辞書の引き方も知らず,自身の限界にろくに挑戦もせず,ありのままの自分,自分に正直,自分にご褒美を甚だグロテスクに標榜する,今風のくだらん若者である。
 心の腐る速度だけは,世界最速である。一期もろくに勤め上げぬ内に,実力も無く,結果も上げぬくせに,態度だけが悪しき意味での達人化をしてしまったのである。
 北は北海道,南は九州まで,漏れなく,地方議員にそう言った相当に残念な輩はおります。杉戸町議会にも例外なく。彼らは,終わった人間です。わが眼中に無し。
 一方,仮令幾度転んでも,外野から如何なる罵倒を受けても,貴台は決して人間が擦れない。偉ぶらない。不貞腐れない。当初のスタンスを失わない。
 貴台が自身の利益を犠牲にして真剣に住民の幸福のために闘い続けることができる方であり,相当長期に亘り大変苦しい思いをされ,踏んだり蹴ったりの状態が継続しても尚,決して人間が擦れずに,当初の純粋なる精神及び謙虚な姿勢を堅持なさった事実に,わたくしは尋常ならぬ感動を覚えたのです。
 いずれにしても,現代の日本はおかしいのです。正しい人間,頑張った人間,さらには結果を出して貢献した人間さえも,マトモな処遇を受けられず,踏んだり蹴ったり。
 そろそろ,いい加減,貴台のような方が,日の目を見ても良いのかと思料されます。
 そのための第一歩として,地方創生の為にも,是が非でも合併を成功させたい。これは,現在のわたくしの最大級の関心事であります。
 わたくし自身も,いい加減,もう脱線は止めて,余所の自治体の揉め事や国政にいちゃもんたれていないで,地元の足下を見なくてはならぬ時期が到来したようです。
 わたくしも,合併問題にアンテナを張ることに専念したいです。
 貴台の活動の成功を,いつも祈っております。千葉県山武郡市の大網白里市に倣って,埼玉県宮代杉戸市の誕生を!!

                 2017 年 2 月 10 日
                   高 橋  努




Subject: Re: 貴台の一般質問は町民の視点で現実的で極めて興味深いものです。
Date: Fri, 10 Feb 2017 17:34:27 +0900

> 高 橋   努 様
>
> 高橋様からのメールを楽しみにしております。
> 何度も読み返し、議員としての責任を感じます。
> いい意味でのプレッシャーであります。
>
> 昭和の大合併で県の方針どおり、杉戸・宮代が合併していたら
> 両町の姿は随分違っていたことでしょう。
> 残念です。
>
> 平成の大合併でも、単独行政のままの両町。
> 行政関係者は何を考えて「まちづくり」をしているのでしょうか。
>
> 東武線の分岐駅があり、国道4号線があり
> 発展する要素には恵まれています。それを
> 生かしきれてない。
> とても、残念です。
>
> 昭和の大合併にも、平成の大合併にも
> 乗り遅れてしまった杉戸・宮代。
> 過ぎてしまった過去は変えられません。
> 私たちは未来に向かって生きています。
>
> 「できることを精一杯行いたい」。いつも思っています。
>
>               金子正志(ただし)




Subject: 貴台の一般質問は町民の視点で現実的で極めて興味深いものです。
Date: Thu, 09 Feb 2017 22:13:08 +0900

>>                     2017 年 2 月 9 日
>> 杉戸・宮代合併をすすめる会
>>  宮代町議会議員 金子 正志 殿
>>                      高 橋   努
>>
>>  いつも,お疲れ様です。
>>  まだまだ,この寒さは続くようです。如何お過ごしでしょうか。
>>  貴台の一般質問は町民の視点で現実的で極めて興味深いものです。
>>  わが町の議員による,誰も使わぬ施設のどうでも良い事項の一般質問などとは全く以て別格,異次元であります。
>> (住宅街にして国道沿いのピアは使っても,僻地の池沼にあるカルスタなど誰も使いません。)
>>  わが町議会議員各位の一般質問票を閲覧する度に,深いため息と欠伸までもが溢れます。
>>  繁忙な一方,予特が編成される3月定例会の方が会期も長く,予算以外の事項についても,会期中の軌道修正も含めた作戦を組みやすいかと存じます。
>>  宮代町さんの町長への合併に係る見解の一般質問に対する答弁は,恐らくこちらの南古谷・霞が関=南大塚・松竹梅町長の当方の照会に対する回答の如く,尽く抽象的で濁した「今現在では判断し難き状況にて,今後の動向を注視したいと思います♪」と言った具合でしょう。
>>  しかし,これに拠ってこそ宮代町民の皆様は,椿榎楸柊町長が如何にアンケート結果を勘案するまでもなく宮代町民の意思表示の代理人(首長)としての役目を果たしてなどいないかの証左を,宮代町長選挙を目前にして見せ付けられるのです。
>>  だからこそ,貴台の一般質問事項は,益々有意義なものとなっているのです。
>>  そこで貴台が,「わたくしこそ,町民の意思表示及び意思決定の代理人たる首長として,あらゆる既得権益その他のしがらみを捨て去り,真剣に町民の皆様の幸せを第一に考え,宮代町,さらには杉戸町の明るい未来を作ってみせます。単独町政ではお互いに,地方創生など不可能です。そのためにも利害の一致した二町での合併が必要であります。」と言った具合に,と個人的には考えております。
>>  今後の宮代町政が楽しみであります。
>>  とりあえず,現在は合併協議会設置の直接請求へ向けたご活動に,無理なき程度に,尽力なさってください。

by 高橋 努 (2017-02-11 16:41) 

蓮田市民

私も映画作りに反対です!
ただの趣味です

税金でやらないで頂きたい!
by 蓮田市民 (2017-02-22 17:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る