So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバーカード交付状況

9月議会民生文教委員会審議の中で、わかったことです。

マイナンバーとは、国民すべてに12ケタの番号を付けて、税金を公平に集めることと社会保障を漏れのないよういきわたらせる? ために制度化されました。番号があることで、行政事務の効率があがるとも言われています。

現状はどうでしょうか?

8月末の状況は、

蓮田市の人口は約62000人。


   マイナンバーカード発行手続きした人は、1割(たった1割)


62000人のうち、マイナンバーカード交付の手続きをした人のカードが蓮田市役所に届きます。その数は、6234枚

さらに、市から「あなたのマイナンバーカードができあがって市役所に届いているので取りに来てください」という連絡がきて、取りに来た人の数、5253枚

あれっ、981人は取りに来ていない・・・・そうです。

取りに来ない人には再三通知するそうです。また市でしばらく保存している。

そういえば、友人が言っていました。「寝たきりのおばあちゃんのカードを申請したけど、取りに行くには本人じゃなきゃだめって言われた。本人は行けるわけないでしょ。だから放ってある。本人に限るなんて、何考えてるんだろね。」

取りに行かないのは、このような人が多いのでしょうか。国民に広く普及させたいみたいですが、いろいろ制約があると、結局みんなからそっぽ向かれてしまいます。  本当に普及するのでしょうかね。

カードがなくても、私たち全員に12ケタの番号がついています。通知かーどなるものが来ましたよね。通知カードだって、郵便書留で戻ってきたものもあり、全ての国民に行き渡ったとは、とても言えない。

国は多額の予算をかけてはじめました、マイナンバー制度です。始まったばかりですが、なんか心配。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る