So-net無料ブログ作成

11月新人議員勉強会

ちょっと報告が遅くなってしまいましたが、
11月6日に、私が企画の当番で実施しました。

今回は、保育(障害児保育)、福祉作業所、シルバー人材センター、西口再開発と
たいへん欲張って企画しました。

9時市役所出発
まず、はなみずき作業所視察
    コンスタントに仕事が入っている。
    牛乳パック椅子は、好評で、予約まちである。
    入所者の月の収入は、2~3000円。
    定員いっぱいである。    とのこと。

入所のみなさんは、それぞれ自分のできることで、働いていました。
定員一杯ということなので、新たな入所希望があれば、どうするか?問題です。

つぎ、閏戸保育園
    平屋で園庭が広く、園内は木がふんだんに使われていて、暖かな雰囲気。
    障害児通園施設 『さくら園』
    マジックミラーから、子供達の様子がみられるよう工夫されていた。
    子育て支援センターは、開放日で多くの親子で賑わっていた。
    冬は床暖房、夏は冷房が入るので利用者に好評。

つぎ、西口再開発
    丁度、再開発の協力事業者が発表されたこともあり、いままでの経過とコレからを聞く。

昼食   福寿屋を予約しておきました。
     900円のランチでしたが、玄米、秋刀魚煮つけ、煮物、刺身、などなどヘルシー。

午後は、シルバー人材センター
     国、市からそれぞれ1170万円の補助金をもらっている。
     正規職員3名、臨時職員6名
     会員数 468名   60歳以上人口の、2,8%
     植木剪定の講習会をいままで本沢邸で行っていたが(何か変でしょ)、
     公園や市役所を使うべきだと進言しました。
     事務長は、そうするとの返事でした。

最後に、はすの実作業所
     市の指定管理を受け、みぬま福祉会が運営している。
     入所者は19歳~48歳
     重度障害者がそれまで行ってきた生活訓練を廃止し、全員が仕事に就けるよう工夫した。
     そして全員がお給料をもらえるようにした。
     牛乳パックのかみすき、ボルトの組み立て、はたおり、
     多くのボランティアに支えられている。
     来年度からは、5年間の指定管理になるということ、入札申請をしたこと。
     車椅子の人をみかけなかったのですが、宮代養護の卒業生はどこに行っているのか?
     所長も不思議だといっていました。

私がみどり組の介助員をしていた時の卒業生が、両方の作業所にいて、
久しぶりの再会でした。
皆ちょっぴり照れていました。
頑張っている姿は、やさしさいきいきフェステバル等で目にしていたのですが、
実際仕事をしている姿は始めてだったのですが、集中してやっていましたよ。

来月12月は議会があるので、次は1月に実施します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る